2013年12月11日 (水)

楼蘭:北京ダック炒飯

チキンライスがあるのだから、鶏肉を使った炒飯があってもおかしくないわけですが、思い返してみたら、叉焼以外で言えば、海老とか蟹はあっても、鳥の炒飯って食べたことないな〜と、相変わらず物知らずな告白をしていますが、それはともかくといたしまして。

昨日は上野の楼蘭で北京ダック炒飯(日替わり)。

楼蘭の炒飯、本体の味付けは比較的薄目です。そこにしっかりと味付けされた叉焼が加わることで、「炒飯!」な味に仕上がってるというのが、僕の中での印象です。その叉焼のかわりに北京ダックだとどうなるのだろうと興味津々。

結論を書けば、

これ、おいしい!

北京ダックが使われていることで、炒飯そのものの味は本当に薄味に仕上がっているのですが、その分、北京ダックの味をしっかりと感じられるものになっています。

運ばれてくるまで、炒飯の上に飾り程度の北京ダックの皮部分が乗せられているものを想像していたのですが、本当に叉焼のかわりに鶏肉がたくさん入れられていて、個人的には嬉しい方向で予想を裏切られました(^^

日替わりなので、必ず毎回食べられるというものではありませんが、鶏肉好きには満足の一品でした。

北京ダック炒飯(650円)。ごちそうさまでした。

楼蘭:北京ダック炒飯

●店舗情報
 店名:楼蘭
 住所:東京都台東区上野6-16-2
 定休日:年末年始
 営業時間:11:00~14:00 17:00~23:00

●勝手評価(5点満点)
 雰囲気   :★★★★
 入りやすさ :★★★★
 接客     :★★★
 価格帯   :★★★★
 味      :★★★★★
 量      :★★★★
 総合評価 :★★★★

●過去にお邪魔した時のこと
 第8回:肉野菜炒め
 第7回:モヤシ炒め
 第6回:エビと青梗菜炒め
 第5回:豚の角煮
 第4回:青菜入り五目炒飯
 第3回:野菜ラーメンと半炒飯
 第2回:エビとタマゴの炒め物
 第1回:中華丼

紹介したお店:253店

この日記があなたにとって、楽しかったら押してやってください。 blogram投票ボタン

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年12月 6日 (金)

越後家:鳥の塩焼き

昨日は浅草の越後家で鳥の塩焼き(日替わり)。

和食がユネスコで無形遺産として登録されたのだそうです。と言うことで、久しぶりに和食を。もっとも、無形遺産登録された「和食」とは一汁三菜が揃ったものですけれど(^^;

ともあれ。

これでもか!ってくらいゴロゴロと盛られた鶏のもも肉は、むっちりと柔らかいもの。塩気控えめの薄味に仕上げてあるので、鶏肉特有の甘さがしっかりと感じられて大変美味しかった。

鳥の塩焼き(700円)。ごちそうさまでした。

越後家:鳥の塩焼き

●店舗情報
 店名:越後家
 住所:東京都台東区西浅草3-1-2
 定休日:月曜
 営業時間:11:30~14:30 17:00〜24:00

●勝手評価(5点満点)
 雰囲気   :★★★★
 入りやすさ :★★
 接客     :★★★
 価格帯   :★★★
 味      :★★★★
 量      :★★★
 総合評価 :★★★

●過去にお邪魔したときのこと
 第1回:ハヤシライス
 第2回:鯖の塩焼き

紹介したお店:253店

この日記があなたにとって、楽しかったら押してやってください。 blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 5日 (木)

Kaname Cafe:オムライス

昨日は浅草の Kaname Cade でオムライス。

初訪問のお店。

夜は炭火焼き鳥のお店が、昼間、喫茶店をされているわけですが、ここのランチが美味しいらしい、特にオムライスがちょっと変わっているらしいとのことで、楽しみにして訪問。

夜は焼き鳥屋さんとのことで、お店の雰囲気、居酒屋を想像していたのですが、豈図らんや落ち着いたお洒落な店内。カウンターが7席、テーブル席が3卓ほどのこぢんまりした感じです。切り盛りされているのは美人さん。女性一人でもゆっくりと食事できるのではないかしらん。

さて、お目当てのオムライス。

「一風変わってるよ」との事前情報を得ていたものの、実際に目の前に運ばれてくると、やっぱり少々驚きました。

写真、相変わらず下手くそで申し訳ありません。分かりにくいかと思いますが、中央にこんもりと盛られているのが十穀米を使ったライス部分。そこにたっぷりのトマトソースがかけられています。その右隣にトロトロのスクランブルエッグ。この三つを混ぜ混ぜしながら頂くわけです。

これが、実に美味しい。特にトマトソースの酸味と玉子の甘味が絶妙です。

正直に言うと、「これは本当にオムライスなのか? ワンプレートランチでスクランブルエッグが添えられているだけでは?」と運ばれてきた時、思ったのですが、確かにこれはオムライスです。

量は成人男性としては、少々軽めですが、腹七分くらいはあります。女性なら充分な量だと思います。

あと、添えられている鶏肉の炭火焼きが柔らかくて美味しかったのも心に残りました。次お伺いした時は、親子丼かチキンカツサンドをお願いしようと自分の中でメモ。

オムライス(850円)。ごちそうさまでした。

かなめ:オムライス

●店舗情報
 店名:Kaname Cafe
 住所:東京都台東区西浅草2-25-13
 定休日:月曜
 営業時間:11:00~16:00

●勝手評価(5点満点)
 雰囲気   :★★★★★
 入りやすさ :★★★★
 接客     :★★★★
 価格帯   :★★★
 味      :★★★★
 量      :★★★
 総合評価 :★★★★

紹介したお店:253店

この日記があなたにとって、楽しかったら押してやってください。 blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月30日 (土)

マルハのカルビ丼:もち豚カルビ丼

昨日の11月29日は語呂合わせで「イイ肉の日」なのだそうです。と言うわけで、朝から「肉食べましょ!」な気分。

ところで、皆さんは「肉料理」と言われて何を頭に思い浮かべられるでしょうか?

僕は「ステーキ」「焼き肉」「しゃぶしゃぶ」こんな感じです。ベタで恐縮ですけれど。

とは言いつつ、上記に挙げた料理、僕の中では「夕食」のイメージが強く、お昼ご飯の候補に挙がることは滅多にありません。加えて言えば、「焼き肉」とか「しゃぶしゃぶ」は時間を気にせず皆とワイワイ楽しむものとの刷り込みがあるため、完全にお昼ご飯の候補からは外れてしまいます。

とは言いつつ、「肉食べたい!」な日。

と言うことで、御徒町のマルハへ。

普段は「肉!」と言えば「牛!」なのですけれど、確か前回お伺いした時は牛カルビ丼だったはず……と思い出して、「もち豚カルビ丼」をお願い。

表面にしっかりと焼き目の入った豚カルビ。筋肉的な部分と脂身の部分のバランスがちょうど良く、しっかりと歯ごたえがありつつ、柔らかい食感。所々カリッとした部分もあって、これが、とにかく美味しい。

いや、料理自体は、肉をガーッと焼いて、焼き肉のタレに漬けたものをご飯の上にグワッと乗せただけです。でも、焼き肉の時は(密かに)お酒よりも左手にはご飯茶碗を持っていたい僕としては、十分以上の満足感で一杯です。

もち豚カルビ丼(600円)。ごちそうさまでした。

マルハ:もち豚カルビ丼

●店舗情報
 店名:マルハのカルビ丼
 住所:東京都台東区上野5-25-8
 定休日:無休
 営業時間:11:00~24:00
 公式サイト:http://maruha-karubi.com/

●勝手評価(5点満点)
 雰囲気   :★★★
 入りやすさ :★★★
 接客     :★★★
 価格帯   :★★
 味      :★★★
 量      :★★★
 総合評価 :★★★

●過去にお邪魔したときのこと
 第1回:牛カルビ丼

紹介したお店:252店

この日記があなたにとって、楽しかったら押してやってください。 blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月29日 (金)

上野商店:ラーメン

昨日は上野の上野商店でラーメン。

初訪問のお店。

なぜかお店が長続きしない場所があります。隣はもう10年以上続いているのに、新しくお店が開店しては閉店し、またしばらくすると新しいお店が営業を始めてる……みたいな場所、皆さんの周りにもありませんでしょうか?

風水等のスピリチュアルな方面の話、僕は全くの門外漢ですし、またテナント料とかその種の内輪の話についても部外者ですから、この話を深く掘り下げることはしませんけれど、まぁ、そういう場所は確かにあります。

上野から御徒町にかけてもいくつかそういう場所があります。

この上野商店もそんな場所の一つです。

記憶が確かなら、もともと立ち食い蕎麦屋があって、その後、豚を売りにしたラーメン屋さんができ、そこから博多ラーメン、北海道ラーメン、家系ラーメン、味噌ラーメン等々と変遷を繰り返し、今年の夏頃にオープンしたのが上野商店です。

系統としては横浜家系のラーメン屋です。

麺は平打ちの中太。スープは横浜家系らしい色合いですが、よく言えばマイルド、悪く言えば濃厚さには少々欠けるもの。具は叉焼、青菜、ネギ、それに海苔です。

家系かと聞かれれば、「家系です」と答えます。でも、これが「家系ラーメンだ」と主張する気はありません。そんな感じのラーメンですと書けば、可もなく不可もない感じ伝わりますでしょうか? あえて特徴と言えば、海苔が丼の縁に立てられるのではなく、ラーメンの上に乗せて出てくること。でも、これも個人的にはスープで海苔がくっついてしまって食べにくいので、マイナスポイントだったりします。

ラーメン(650円)+小ライス(100円)。ごちそうさまでした。

上野商店:ラーメン

●店舗情報
 店名:上野商店
 住所:東京都台東区上野4-3-1
 定休日:無休
 営業時間:10:30~04:00

●勝手評価(5点満点)
 雰囲気   :★★★
 入りやすさ :★★★
 接客     :★★★
 価格帯   :★★★
 味      :★★★
 量      :★★
 総合評価 :★★

紹介したお店:252店

この日記があなたにとって、楽しかったら押してやってください。 blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«珈琲サブ:シオスパ