« Agora:小海老と木の子のトマトクリームソース | トップページ | 聚豊楼:野菜炒め »

2009年11月10日 (火)

リスボン:カツ丼

今日は浅草のリスボンでカツ丼。

浅草は不思議な町で、雷門から浅草寺前までは観光客相手のお店がずらっと軒を並べています。洒落た感じで価格帯も高めです。 ところが浅草寺の裏手から北側、言問通りを渡って千束辺り、つまり吉原にかけては目に見えて価格が安くなる。 あるいはボリューム満点なお店が主流を占めます。

そんな中、独特の雰囲気を持つのが六区です。

伝法院通りを浅草寺から東洋館までの間は、観光客の方々が入ってもおかしくないようなお店が並んでいます。ところが、 ちょっと横道に入ると、たちまち、場外馬券売り場に足繁く通う人たち御用達なお店が並びます。 モツ焼きをはじめとするいわゆる立ち飲みメニューをメインにしたお店が、普通に昼間からお店を開け、 普通にお客さん達は結構な量のアルコールをたしなんでおられる感じになります。六区の東洋館から北側、ロック座近辺になると、 昼間から酔っぱらって道に大の字になって寝ているような光景が普通に見られます。 不案内な観光客の方が間違って足を踏み入れると途端に眉をひそめてしまうような感じです。ところが、 そんな中にヨシカミをはじめとする高級な感じのお店が、ぽつん、ぽつんとある。そんな感じです。

さて。

リスボンはそんな六区の東洋館から南側にあるお店です。この辺りなら、まだ観光客の方も普通に見受けられます。

リスボンは創業昭和7年。浅草界隈でも老舗の洋食屋さんです。

ところで、リスボンはどちら向けのお店なのだろうというのが長年の疑問です。

価格帯的には、目と鼻の先にあるヨシカミに比べて圧倒的に安いです。とは言うものの、 ラーメン1杯290円なお店もありな六区界隈としては、セットメニューで普通に1000円オーバー。単品で頼んで、 それにライスやサイドメニューやを頼んで、ドリンクもなんてことをすると2000円台後半くらいになります。 ランチとしては高めの価格帯です。

客層はと言えば、リスボンの名前を聞きつけたコアな観光客や周辺のサラリーパーソンがいる横で、 昼間からビールを飲みつつ競馬新聞のチェックに余念のない人たちもいます。女性一人はもちろんのこと、女性陣だけで入るのも、 ちょっぴり勇気がいるかもしれません。

店内は、今時の洋食屋さんのお洒落な雰囲気は全くありません。たとえて言えば、 繁華街のちょっと怖い系の方々が打合せや待ち合わせをするために利用したり、 あるいは同伴出勤前のお姉ちゃんと客の男性が時間つぶしで使う喫茶店の雰囲気と言えば、分かる人には分かってもらえるでしょうか。 全体的に古風な感じです。

さらにさて。

浅草には老舗と呼ばれる洋食屋さんの名店がいくつもあります。リスボンも老舗という点においては、他のお店に引けを取りません。

ただ。

リスボンは、いい意味でも悪い意味でも時が止まってしまっているお店です。

おそらく味付けは、僕よりも若い人は苦手だろうと思います。 ひょっとすると僕と同世代でも都市部で育った人にとっては敬遠してしまう味付けなんだろうなと思います。僕の味覚で言えば、 1970年代の地方の洋食屋さんの味付けそのままなのがリスボンです。しかし、考えてみれば昭和8年(1933年) 当時の味に地方が追いつけたのは戦後の1970年代。当時としてはすごくハイカラなお店だったのだろうと思います。

本日お願いしたのはカツ丼。

作り方は昔ながらの(言い換えれば家庭で作る)カツ丼の作り方です。揚げたトンカツを和風出汁で煮込んだタマネギと合わせ、 さらにタマゴでとじてご飯にのせる。おそらくこの作り方だと思います。

トンカツは、さすがは洋食屋さん。蕎麦屋のカツ丼とはまた違ったいい感じの味付け、揚げ具合です。 僕の好みから言えばカツは薄めですけれど。

タマネギも充分煮込まれつつ、それでいてシャリシャリとした食感が残っています。これも個人的には好みです。

グリンピースではなく、おそらくはインゲンのサヤらしきものが緑付けとして乗せられているのも、これはこれで面白いです。

タマゴは、僕の好みから言うと固すぎ。トロトロタマゴではなく、しっかりと固まった状態になっています。まぁ、 この辺は好みの問題でしょう。

全体をまとめる出し汁の味付けは、柔らかい薄味。ここが好き嫌いはっきり分かれるところなのでしょうね。先ほども書いたとおり、 僕は38歳、地方出身者なので、この味付けがすごく懐かしくて好きです。でも、若い人たちや都会育ちの人たちにとっては、 パンチがなくぼんやりした味と感じるのではないかと思います。

個人的にはカツ丼に限らず、リスボンの料理は懐かしい感じ一杯で大好きなのですが、 東京に出てきてから知り合った人はよほど仲の人でない限り、一緒に連れて行こうとは思いません。本当に個人的には大好きなだけに、 無念な感じなのですが……。

ともあれ。

カツ丼。840円。ごちそうさまでした。

リスボン:カツ丼

●店舗情報
 住所:東京都台東区浅草1-25-18
 定休日:火曜(あれ? 今日はどうして営業していたんだろう?)
 営業時間:12:00~16:00 17:00~20:45

●勝手評価(5点満点)
 雰囲気  :★★
 接客    :★★★
 価格帯  :★★
 味     :★★★
 量     :★★
 総合評価:★★

|

« Agora:小海老と木の子のトマトクリームソース | トップページ | 聚豊楼:野菜炒め »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

@浅草」カテゴリの記事

丼物」カテゴリの記事

洋食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リスボン:カツ丼:

« Agora:小海老と木の子のトマトクリームソース | トップページ | 聚豊楼:野菜炒め »