« 風邪ひき | トップページ | 寄席:健康と癒しの落語会 »

2004.10.13

山平和彦さんが死去

 僕は33歳。大学時代と言えば、90年代前半です。遅れてきた世代と言いますか、典型的なノンポリ世代です。正直、政治にせよ、宗教にせよ、極端な方向に走られると、ひいてしまいます。いろんな考え方があって、いろんな人がいて、それでいいんじゃないのと、ついつい思っていまいます。

 と言うわけで、僕が山平さんの「放送禁止歌」を初めて聴いたのは90年代です。初めて聴いた時の感想はと言えば、どうしてこれが放送禁止になるのだろうというものでした。

 ともあれ、その山平さんが亡くなられました。ご冥福をお祈りします。

>> フォーク歌手山平和彦さんがひき逃げされ死亡 - asahi.com : 社会

|

« 風邪ひき | トップページ | 寄席:健康と癒しの落語会 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

山下さんの放送禁止歌、お聴きになったことがあるんですね?!
私は森達也さんの本でしか知らなかったですが、こんなことで禁止に?と驚いていました。
私は編集の経験があり、過去にへんな経験をいくつかしてました。たとえば
「ワイン片手に」→「片腕を損傷している方に差別的なので不可。ワインを手に、に変更」
「よっ!お千代さん」→「よっ、が四足をさし、被差別地域の方に配慮されてないので不可」
「(とある団体のキャンペーンイラストが魚に手が付いていて4本指だった)」→「4本なのが不可。イラストを修正して5本指または3本指にすれば可能」
もう頭がおかしくなりそうでした。配慮してると言いつつ、区別していること自身が差別ですよね。今は掲載できるようですが、これも自主規制だったんです、業界の。
山下さんがお亡くなりになったとのこと、ご冥福をお祈りします。しかし、ひき逃げだなんて・・・。

投稿: mich | 2004.10.15 09:27

ちょっと遅れてしまいましたが,山平和彦さんの死亡記事にコメントされているのを見て,立ち止まりました。本当は,「落語」の文字でクリックしたのですが。

私は一応リアルタイムで同氏の音楽と付き合いました。地元の深夜放送のDJをされていたことがあったので,素の話も少し聞きました。手元にある古い楽譜集には,同氏の「秋田馬子唄」「秋田竹刀打ち唄」「そういうわけで」「変化」「男について」など,懐かしい曲が載っています。

投稿: なもさん | 2004.11.11 22:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33724/1671029

この記事へのトラックバック一覧です: 山平和彦さんが死去:

« 風邪ひき | トップページ | 寄席:健康と癒しの落語会 »