« Ruby:Formdesigner for VisualuRuby | トップページ | CD:Brooke Valentine 'Chain Letter' »

2005.05.10

ますこみ

 先日のJRの事故に関する記事nick さんからコメントをいただきました。

 古くから本館の東京日記 を読んでくださっている方ならご存じの通り、 僕はどうもマスコミの人達にあまりいい感情を抱いていません。

 僕が実際にお仕事あるいはプライベートで知り合った記者さん、ライターさんは、すごく素敵な方々で、仕事も出来るし、 人間的にも信頼できる人達ばかりなので、あまりマスコミのことを悪く言うのは気が引けてしまうのですが、それでも「マスコミ」 として十把一絡げに見てしまうと、やっぱり「なんだかなぁ~」と思ってしまうことの方が多いです。

 実際、どうなのでしょうね。あの記者会見を見て「マスコミよく言った!」と溜飲を下げている人ってどれくらいいるものなのでしょう?

 もちろん、事故の原因を突き止めることは必要です。技術的な問題、組織的、人的な問題など、密室で調査して、 密室で報告されるのではなく、第三者に公開されることはすごく大切なことだと思います。また、 今回被害に遭われた方々に対して誠実な対応がなされているかのチェックを行うことも同様に重要なことです。 こうしたことを行えるのはマスコミをおいて他にないと思います。

 でもね。

 今のあの取材を見ている限りでは、原因究明とか、被害者へ適切な対応を行っているかのチェックは二の次で、 単に話題になっているから飛びついているだけのように、僕には感じてしまいます。そして、視聴者が事故に飽きてしまうと、 また別の事件に飛びついて……なんてことになるのではと、ついつい意地悪な感覚になってしまいます。

 ついでに言えば、「自分たちは絶対に正しい!」という態度を取る人を見かけると、僕は意地悪なことを言いたくなる嫌な性分で、 今回の事故を運転手個人の資質の問題として片付けてしまおうとした JR と、 例の珊瑚礁の事件を記者一人の問題として片付けようとしたことと、本質的には同じなのでは? 今、 記者会見で自信たっぷりに質問をしている記者さん達、あなたの会社は大丈夫ですか? こういうと、 マスコミの人達はこんな回答をするかもしれません。「だって、それは僕(私)がやったことじゃないから」 でも、その理屈が通用するなら、 事故当日不適切な宴会をしていた JR 職員を責められなくなりませんか?

 ぐだぐだと書いてきていますが、今必要なのは、二度とこのようなことが起こらないように原因を丁寧に調べること、被害に遭われた方、 あるいは亡くなられた遺族の方が、なるべく早く元の生活に戻れるようにすること(と言っても、完全には無理ですけれど……)、 その手助けを社会全体として行うことなのではないかと思います。

 以上、青いこと言ってるなと自分でも思いますけれど。

|

« Ruby:Formdesigner for VisualuRuby | トップページ | CD:Brooke Valentine 'Chain Letter' »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰してます。最近ちょっと忙しいのと、元来あまりマメではないのとが原因で、自分のホームページが滞っていて、とみくらさんのブログも見るのも忘れたりしてました。が、久々にのぞいてみて、「同感!」です。
私はいわゆるレポーターと言われる方々の、正義の味方ぶりっこがあまり好きではないので、テレビもその手のものはそれほどには見ない方ですが、最近は新聞などでもその傾向にあります。もう、まったく同感です。何か、格好のいじめる対象を見つけた楽しささえ感じてしまいます。それと、亡くなられた方は本当に無念だとは思いますが、その生い立ちやご家族のストーリーまで掘り下げて、ドラマ仕立てにしてしまうのはどうかなぁ…とも。多くの人が亡くなった事故も、たった一人が命を落とした事故も家族を失くす悲しみには変わりはないのだということを、忘れてはいないでしょうか。

投稿: tikotiko | 2005.05.13 23:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33724/4073969

この記事へのトラックバック一覧です: ますこみ:

« Ruby:Formdesigner for VisualuRuby | トップページ | CD:Brooke Valentine 'Chain Letter' »