« Game:AQUAZONE 水中庭園 HYBRID 7 カンブリア紀 | トップページ | こねこ »

2005.06.29

Job:プロトタイプの大切さ

  プログラマー天国 の6月27日分の日記に興味深い記事。

人間は、存在しないものに対しては何にも言わないんだけど、目の前に存在するものに対してはあれこれ文句をつける。 よくいるじゃないですか、「何か意見はありますか」と議長がきいたときには何も発言しないくせに、 誰かが意見を述べると反対意見ばかりいうやつ、30代後半から40代に多いんだけどさ、でもこれが人間の性質なんだよ、きっと。

「現物主義」では、そういった人間の性質を利用する。まずなんでもいいから「現物」を見せてあげる。すると、 これでもかというほど文句や批判がでてくる。それをひとつずつ潰していけば、要望どおりのものができあがる。というか、 そもそも何が欲しかったのかがその時点で初めてわかる。

 これ、本当にその通りだと思います。そのために、とりあえず一通りの機能と(細かいレイアウトは別にして) ユーザインタフェイスがそろったプロトタイプを手早く創って、クライアントに提示できる開発手法が必要なんだろうなと最近、 ぼんやりと考えています。

 もっとも、僕は開発者じゃないので、これがどれだけ難しいことかは、あんまりよく分かっていないのですけれど(^^;

なんとなくしか理解していない顧客の要望を汲み取るにはどうすればいいのか via プログラマー天国

|

« Game:AQUAZONE 水中庭園 HYBRID 7 カンブリア紀 | トップページ | こねこ »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33724/4756198

この記事へのトラックバック一覧です: Job:プロトタイプの大切さ:

« Game:AQUAZONE 水中庭園 HYBRID 7 カンブリア紀 | トップページ | こねこ »