« 他人を巻き込まずに(^^; | トップページ | Book:ミュノーナ『スフィンクス・ステーキ』 »

2005.07.09

Book:ベイカー『ノリーのおわらない物語』

カバー ベイカーの『ノリーのおわらない物語』 (白水社) を購入。

 ベイカーと言えば、モニカ嬢がクリントン君に送った小説が『もしもし』だったことで、一時期有名になりましたが、『中二階』、 『フェルマータ』、『室温』と、どれもごくごく短時間の間の主人公の気持ちの移り変わりを、「どことなくおかしい」 感じで描くベイカーは、アメリカの作家ではヴォネガットの次に好きな作家です。

 『ノリーのおわらない物語』は、9歳の女の子が思いついたお話しを、ベイカーらしい微細な観察眼で描いている作品と言うことで、 これまた楽しそうです。

 若干コンテクスト的な話になってしまいますが、どうやら主人公のノリーはベイカーの娘さんがモデルということで、『室温』 で眠りにつこうとしていた赤ちゃんが、こんなに大きくなったんだと、感慨にふけってしまいました。

Amazon.co.jp の紹介ページ

|

« 他人を巻き込まずに(^^; | トップページ | Book:ミュノーナ『スフィンクス・ステーキ』 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33724/4894746

この記事へのトラックバック一覧です: Book:ベイカー『ノリーのおわらない物語』:

« 他人を巻き込まずに(^^; | トップページ | Book:ミュノーナ『スフィンクス・ステーキ』 »