« Book:杉浦 K.『あなたのコードを[賢く]するデザインパターン Javaプログラミング』 | トップページ | イルカだって…… »

2005.08.03

あまりにも暑いので、煙草に関する例のあれについて

 いやー、ホント暑いですね。こう暑いと、煙草に火をつけるのも億劫になるのですが、とは言いつつ、 煙草の本数は減っていない34歳独身。皆様、いかがお過ごしでしょうか。

 ともあれ。

 東京では、区レベルで、外での煙草がどんどん禁止されています。ま、世の中、そういうことのようです。

 とは言いつつ。

 あの条例って、どこまで有効なのでしょう? 煙草を吸うと過料ということなのですが、その条例の成立を(間接的に) 認めた区民はともかく、区民以外にも適用した場合、自由権の侵害として逆に区が訴えられるなんてこはないのでしょうか?  今回は煙草という国際的にも旗色の悪いものがターゲットになっていますが、例えば、

区内でのガソリン車の通行禁止!

みたいなのが条例として可決されるなんてこともアリなのでしょうか?(個人的には、大気汚染という点では、 煙草も車の排気ガスもどっちもどっちという気がするのですが……)

 あるいはまた。

 非常にセイレンケッパクで、「女性が肌を見せるのはケシカラン!」と、 女性が外出するときには必ずブルカを着なければならないなんてことを決めた区があったとします。実際、 世界にはそういう決まりのある国もあるのですが、僕の知るかぎり、まともな近代国家であれば、こういう決まり事は国民に対してのみであって、 外部からの訪問者には適用しないというのが原則です。

 さらに言えば。

 煙草を買うというのは税金を払うということと日本では同義のはずです(闇煙草とというのを別にすれば)。お金を払えば、 何をしてもいいということにはならないとは思うものの、税金を払っているのに、払っていない人から、あーだこーだ言われるのは、 やっぱりちょっと違うんじゃないかと。じゃあ、煙草をお吸いにならない皆さん、煙草に代わる税金をご負担なさるんですかと。

 いや、もう本当に暑いので、クダまいていますけれど、ホント、法に詳しい方、実際のところ、どうなんでしょうか?

|

« Book:杉浦 K.『あなたのコードを[賢く]するデザインパターン Javaプログラミング』 | トップページ | イルカだって…… »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33724/5297457

この記事へのトラックバック一覧です: あまりにも暑いので、煙草に関する例のあれについて:

« Book:杉浦 K.『あなたのコードを[賢く]するデザインパターン Javaプログラミング』 | トップページ | イルカだって…… »