« なんだかおかしいなと思うこと:公務員の飲酒運転 | トップページ | Soft:iTunes7 »

2006.09.20

おかしな文章:読売新聞

 もういい歳しているのだから、政治的な発言は控えめにしようと思いつつ……。

 今日の読売新聞朝刊に掲載された編集手帳を読まれた方、何か違和感を感じられませんでしたでしょうか?

 内容は、中国政府が行っている言論統制に反対するというものです。

 このこと自体は、別に変でも何でもありません。「言論統制に反対する」ことに反対する理由は、僕にはありません。

 とは言うものの。

 違和感を感じたのは、この編集手帳は一体誰に向けて書かれたのだろうかということです。 日本に来ている中国の人達に向けたものなのでしょうか? 中国の政府首脳に読まれることを期待しているのでしょうか?

 今日の読売新聞の編集手帳を書かれた人に限ったことではなく、朝日新聞にせよ、毎日にせよ、産経にせよ、時々、 マスコミの人が書く文章を見ていて、「あれ?」と思うのは、メッセージを届けようとしている先が見えないことです。 文章を書くことについてプロの人に向かって言うようなことではないのですが……。

 ともあれ、今日の編集手帳で唯一納得したのは、こんな一文。

「権力にとってメディアという存在は、いくらか鏡に似ているかもしれない」

 ですね~。化粧している相手を、そのまま映してしまいますから。

 今日は少し極悪気分。

|

« なんだかおかしいなと思うこと:公務員の飲酒運転 | トップページ | Soft:iTunes7 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33724/11967557

この記事へのトラックバック一覧です: おかしな文章:読売新聞:

« なんだかおかしいなと思うこと:公務員の飲酒運転 | トップページ | Soft:iTunes7 »