« 自分用メモ | トップページ | Book:C.グルニエ『水曜日のうそ』 »

2007.01.05

【更新記録】読後感想:T.ホランド『ルビコン』

 T.ホランドの『ルビコン』読了。

 もともと大学には文学部西洋史学科に進みたかったものの諸般の事情により法学部に潜り込んだクチ。当時(実は今でも) 関心があったのが、フランス革命を経てナポレオン独裁に至った18世紀のフランス史です。

 まだ高校生だった僕にとって素朴に不思議だったのが、せっかく手にした自由と平等を、武力によって征服されたわけではなく、 自らの意思で放棄し、個人に終身でかつ世襲的な独裁権を与えることに賛成したという点です。

 歴史的に見れば、逆行していると思えるような行動をとったフランス市民の考えを知りたい。これが18歳当時の僕の希望でした。

>>続きは本家サイトで

|

« 自分用メモ | トップページ | Book:C.グルニエ『水曜日のうそ』 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33724/13340477

この記事へのトラックバック一覧です: 【更新記録】読後感想:T.ホランド『ルビコン』:

« 自分用メモ | トップページ | Book:C.グルニエ『水曜日のうそ』 »