« 書籍:宮良隆彦『ふちゃぎとエリザベス』 | トップページ | 栃木出張 »

2007.10.21

【更新記録】読後感想:入江敦彦『イケズの構造』

イケズの構造

 京都出身。とは言うものの、実際には「京都府」出身。そういう意味で、純粋な京都人ではありません。それでも、やっぱり「あー、 京都的な考え方してるなぁ」と反省する場面があります。 京都人的な考え方を乱暴にまとめると、

 

  • 「いやだ」と口に出さず、嫌なことをしなくて済むように回りくどい行動をとる。
  • お互いに踏み込みすぎないように気を遣いすぎて、余計な労力を使う。

 端的に言えば、「断る」のを極端に嫌がることと、 相手と一定の距離感を保とうとするのが京都の人間の特徴だと言えるのではないかと思います。

>>続きは本家サイトでご覧ください

|

« 書籍:宮良隆彦『ふちゃぎとエリザベス』 | トップページ | 栃木出張 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33724/16825366

この記事へのトラックバック一覧です: 【更新記録】読後感想:入江敦彦『イケズの構造』:

« 書籍:宮良隆彦『ふちゃぎとエリザベス』 | トップページ | 栃木出張 »