« 【更新記録】読後感想:メドウェイ『ミスタ・サンダーマグ』 | トップページ | 【更新記録】読後感想:ダイベック『僕はマゼランと旅した』 »

2008.05.24

あいまいさ

 今日は(今日も)どうでもいい話です。

 「大地」と書いて「だいち」と読む。 「地震」と書いて「じしん」と読む。「ち」に濁点ではなく、「し」に濁点なわけです。

ところで。

「大地震」と書いて、皆さんはどう読まれるでしょうか?

「おおじしん」 それとも 「だいじしん」 どちらでしょう?

通常、音読みと訓読みが混在することは避けるようにとされています。その考えでいえば、「地震」が音読みの単語である以上、 その前についている「大」も音読みにすべきと言えるでしょう。たとえば、「大津波」「おおつなみ」と読むのは、「津波」が訓読み単語だからですし、「大都市」 「だいとし」と読むのは、「都市」が音読み単語だからです。

ところが、テレビでは「大地震」を「おおじしん」と発音しています。どうなのか、それは? とマスコミの中の人に文句を言いたいところですが、そんな話を知人にしたところ

理屈っぽい!

と一蹴されてしまいました。

やはり言葉というのは、理屈ではなく、感情表現ということなんですね。

|

« 【更新記録】読後感想:メドウェイ『ミスタ・サンダーマグ』 | トップページ | 【更新記録】読後感想:ダイベック『僕はマゼランと旅した』 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33724/41301454

この記事へのトラックバック一覧です: あいまいさ:

« 【更新記録】読後感想:メドウェイ『ミスタ・サンダーマグ』 | トップページ | 【更新記録】読後感想:ダイベック『僕はマゼランと旅した』 »