« 【更新記録】読後感想:ダイベック『僕はマゼランと旅した』 | トップページ | ニラレバ? レバニラ? »

2008.06.10

死に至る病

 被害者の皆様にはなんと声をかけていいか分かりません。ご遺族の皆様に対してもです。

 さて。

 ここしばらくは、足繁く通うこともなくなった秋葉原ですが、それでも月に1度、2度といった感じで出向くわけです。 映像なんかを見ても、それぞれの場所がどこか分かります。その意味で、ひょっとしたらと自分もという気持ちになってしまうわけで。

 ともあれ。

何もかもが嫌になってしまう。

 そういう気持ちは人間誰しも一度や二度あるのではないかと思います。また、遠い将来ではなく、まさに明日、 明後日の生活の見通しも立たなくなってしまったということも、特にこのご時世、大いにあり得ることです。そして、 自分自身がこんなに苦しんでいるにもかかわらず、周囲の人が幸福そうに生きている。そのことに対するやっかみの感情が起きる。

 今回の事件で僕が怖いと思ったのは、上記のような比較的「分かりやすい」感情に突き動かされて、 事件を起こしてしまったのではないかと想像できる点です。

 もちろん、「普通」の人は、上記のような感情になったとしても、 実際に他人を傷つけるようなことはしないでしょう。その意味では、犯人は「異常」です。しかし、 表層的には異常でも、内面的には誰しもが抱える感情なのではないかと思います。その意味で彼は「普通」 なのではないか。そう思うと、暗澹たる気持ちになります。

 たとえば、カミュの『異邦人』で描かれたムルソーのように「太陽が眩しかったから」という動機であれば、第2、 第3の犯罪を防ぐことは可能でしょう。ムルソーは誰も(本質的には誰もが共有していることにもかかわらず) 理解不能だったから処刑すればよかった。社会的にはそれ以上でもそれ以下でもなかった。それでおしまいです。

 しかし、今回の事件は、ムルソーのような形而上の部分ではなく、より形而下的な問題のような感じがします。その意味で、第2、 第3の事件が起きるのではないかと、そんな嫌な予感がしてしまいます。実際、すでに今年いくつか起こっているわけで……。

 もちろん、僕の予想が外れてくれれば、それに越したことはありません。

 ただ、犯人が「異常者だった」それで片付けるのだけは、それはちょっと違うんじゃないかなぁと思っています。6月9日現在、 ちらほらその辺のことをにおわすような報道がマスコミ方面から流れ出している感じの中で、本当に「ちょっと違うんじゃないかなぁ」 と思います。

 あぁ、もちろん、犯人には極刑を望むわけですけれど。

|

« 【更新記録】読後感想:ダイベック『僕はマゼランと旅した』 | トップページ | ニラレバ? レバニラ? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33724/41493877

この記事へのトラックバック一覧です: 死に至る病:

« 【更新記録】読後感想:ダイベック『僕はマゼランと旅した』 | トップページ | ニラレバ? レバニラ? »