« サイバーエージェントの「男の子牧場」について | トップページ | 裁判員制度 »

2009.05.17

呑んだら乗るな

 僕は地方出身者です。最寄り駅まで車で30分とかの世界で育ってきました。実際、今の実家は、最寄り駅まで車で1時間弱です。

 東京都内では、車よりもむしろ鉄道の方が圧倒的に便利です。飲み会終了と言っても、日付を越すくらいまで呑んでることは (特にお付き合いなら)それほどなく、しかも最終は日付を越してもまだあるくらいです。しかし、地方では、そんなわけにもいきません。 23時頃には確実に終電を意識しなくてはいけませんし、僕自身、実家に帰る際には21時30分が最終です(京都発)。帰省したときに、 大学時代や亀岡時代の友達とちょっと食事を……というのも難しいのが正直なところです。

 そして、地方では、お酒、結構出てきます。僕くらいの年代まではお酒が飲めてようやく一人前の男という雰囲気は確かにあります。 「飲めない」というと、鼻で笑われる感じです。「ウーロンハイ」でも、「うわ、気取ってる~!」という感じです。男なら、 黙って最初はビール。それでもってポン酒。こんな感じです。九州とかならポン酒ではなく、焼酎ってことになるのかもしれませんね。

 なので、例の福岡の飲酒ひき逃げで3人のお子さんが亡くなった事件、加害者の言い分も分かるような気がします。

「みんな普段やってるっしょ? たまたま事故ちゃっただけ。それなのにどうしてこんなに刑が重いの?」

 うん、おっしゃるとおりだよね。そんな風に思います。

 でもね。

 司法関係者を含めた識者の人たちが

「殺人でもこんなに重くない」

 とおっしゃるのは、バカか? 何のための司法専門家なんすか? と思ってしまいます。

 違うよね。

 被害者にしてみれば、突然、追突されました。追突の衝撃で車が川の中に落ちました。一生懸命、 水の中に潜って子供を助けようとしました。でも、助けられませんでした。自分の無力さに絶望的になりました。

 亡くなった3人のお子さん。助けられなかったことについて今なお自責の念を感じておられるご両親。何か落ち度はありましたか?  酒を飲んだのも加害者の勝手。ハドルミスも加害者の勝手。一方的な勝手によって、3人の子供の命が失われ、残されたご両親が苦しんでいる。

 「みんながやっていることだから」で、どれだけのことをしでかしてしまったのか、それを加害者に気づかせるのが司法でしょう?

 裁判員制度は始まってしまった理由は、まさに司法関係者が人の命や尊厳を、なんだかお金のやりとりに模して、 簡単に片付けちゃおうとしてしまっているんじゃないかという不信にあると僕は考えています。 殺したのは1人だから懲役10年が妥当とか言われると、殺された人は、なんだ残り10年分の人だったんだ。違いますよね?

 僕が尊敬していた先輩をこの種の飲酒関係の事故で失っているのでナーバスになっている。加えて、姪っ子が可愛くて仕方がないので、 同年代のお子さんが亡くなる、お子さんを亡くしたご遺族の方々の立場になるといたたまれない気持ちになってしまう。そんな背景を抜きにして、 ホント、呑んだら乗るな! そう言いたいし、それを破った結果については、真摯に受け止めて欲しいと思います。

|

« サイバーエージェントの「男の子牧場」について | トップページ | 裁判員制度 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33724/45038626

この記事へのトラックバック一覧です: 呑んだら乗るな:

« サイバーエージェントの「男の子牧場」について | トップページ | 裁判員制度 »