« 2009年6月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年8月

2009.08.09

悪いが死ねばいいのにと言うのは言い過ぎ

薬物中毒。

この件、刑事犯罪においては、数少ない「被害者がいない」案件です。

「いや~、芸能界、いろんなプレッシャーあるよ。薬物に頼るのも分かる気がする……」

そーかもね~。

と言いたいところですが、

ばかか?

薬物買ったお金、どこに流れてるの? 誰が得してるの?

プロアマ問わず、変な壮士気取りしている連中に限って、薬物に関しては甘々なことをぬかしているようで、結局お前ら、 右にせよ左にせよ、アウトローなやからを応援していることになぜ気がつかない? 民主主義で法治国家の日本で暮らしてきて、 煙草はダメで薬物については大目に見てあげよう? なにそれ? 「なにそれ?」と僕はカマトトぶって言っていますけれど、 本当はそういうことなんですよね。

右にせよ、左にせよ、壮士気取り。アウトローと密接に結びついているんですよね~。

だったらなおさら、表舞台でコンコンチキなことスピーカーでがなりたてるんじゃねーよ。それでもって、したり顔でテレビに出てくるな。 つーか、ニュース番組とかワイドショートかしらないけど、所詮、ドロップアウトしてしまった人に、 社会一般の倫理についてコメントさせているのは、どういうことなのか説明して欲しい。 ドロップアウト組に社会一般の倫理や常識をどんどん下げさせている責任をどう取るおつもり?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.08.08

なんだかなぁ

陰謀とか謀略とかいうのは、僕の好みではないですが……。

今月、選挙っすよ?

たかだか一個人の麻薬所持云々。そんなのさっさとしょっ引いておしまいっしょ。つーか、薬物を入手できる環境にいるヤカラ、ホント、 鬼籍に入れ。どうせ薬物入手できることをアウトロー気取りで特権みたく自慢していたんだろ。いいよ、薬物中毒起こして死んじゃえば。

なんて言うのは、暴言ですかねぇ。でもさ、他の犯罪とは異なって、この種のものって被害者いないんですよね。 売り子も買い手もアウトローで、本来マスメディアというか、ジャーナリストが報道すべきは、

所詮、芸能人なんてドロップアウト組なんですよ。そんなのに憧れちゃいかんのですよ!

というのが、公共メディアの一端を担ってる(自称)メディアのすべきことなのではないかと思うのですが、違うのでしょうか。

と言うか、ここ最近、街中で

「相続税廃止します。贈与税廃止します。これで、皆さんの財産アップ!」

とか宣伝している車がうるさくて仕方がないのです。

相続税廃止されてウハウハなのは普通の市民じゃなくて、お金持ちな人たちですよね? ましてや贈与税? あー、贈与して欲しいんだ。 だが断る!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しい裁判員制度による裁判終了に寄せて

新しい裁判員制度による裁判の第1回目が終了しました。

最初に断っておくと、僕自身は裁判員制度に賛成しています。理由は単純で、

一人の天才の出現を待つより、三人寄れば文殊の知恵の方がなにかとリスク低いのでは?

ということです。

ともあれ。

裁判員制度が始まって、少々心配しているのが、刑事事件における地裁の存在価値がますます軽視されることにならないかという点です。

司法専門家が、自身の仕事がやりにくくなると思って裁判員制度に反対しているのなら、最も効果的な反対活動は、控訴審において

「第1審は事実認定において重大な事実誤認がある」

と主張することだと思います。これは裁判官、弁護士、検察、どの立場であっても。

これを連発して、一つでも第1審を覆すことができれば、

「ほら見たことか。素人に任せるから、こんなことになるんだぜ!」

とアピールするのが一番よろしいかと。少なくともこの暑いさなか、裁判所の前でシュプレヒコールあげて一般市民である裁判員を威嚇するやり方よりは、こちらの方が効果的だと思いますが、いかがなものでしょうか?(誰に対して投げかけているかは、ご想像にお任せします)

ま、なんだ。

熱しやすく冷めやすいマスコミの中の人。回数を経るにつれ、取材合戦にも飽きてくるでしょうし、他にもっと飛びつきやすい案件も出てくるでしょうから、そちらの方は心配していないのですが(それでも、裁判員の素顔を全国に公開したテレビ局の放送倫理に関してはどうかと思いますけれど)、この事件のここから先、どういうことになるかで、司法改革の本気度が試されるのだろうなと、多分、数年かけてのことになるのでしょうが、少し注意してみていくことにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年11月 »