« 地方分権はまだまだ先のようです | トップページ | なんだかなぁ »

2009.08.08

新しい裁判員制度による裁判終了に寄せて

新しい裁判員制度による裁判の第1回目が終了しました。

最初に断っておくと、僕自身は裁判員制度に賛成しています。理由は単純で、

一人の天才の出現を待つより、三人寄れば文殊の知恵の方がなにかとリスク低いのでは?

ということです。

ともあれ。

裁判員制度が始まって、少々心配しているのが、刑事事件における地裁の存在価値がますます軽視されることにならないかという点です。

司法専門家が、自身の仕事がやりにくくなると思って裁判員制度に反対しているのなら、最も効果的な反対活動は、控訴審において

「第1審は事実認定において重大な事実誤認がある」

と主張することだと思います。これは裁判官、弁護士、検察、どの立場であっても。

これを連発して、一つでも第1審を覆すことができれば、

「ほら見たことか。素人に任せるから、こんなことになるんだぜ!」

とアピールするのが一番よろしいかと。少なくともこの暑いさなか、裁判所の前でシュプレヒコールあげて一般市民である裁判員を威嚇するやり方よりは、こちらの方が効果的だと思いますが、いかがなものでしょうか?(誰に対して投げかけているかは、ご想像にお任せします)

ま、なんだ。

熱しやすく冷めやすいマスコミの中の人。回数を経るにつれ、取材合戦にも飽きてくるでしょうし、他にもっと飛びつきやすい案件も出てくるでしょうから、そちらの方は心配していないのですが(それでも、裁判員の素顔を全国に公開したテレビ局の放送倫理に関してはどうかと思いますけれど)、この事件のここから先、どういうことになるかで、司法改革の本気度が試されるのだろうなと、多分、数年かけてのことになるのでしょうが、少し注意してみていくことにします。

|

« 地方分権はまだまだ先のようです | トップページ | なんだかなぁ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33724/45866582

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい裁判員制度による裁判終了に寄せて:

« 地方分権はまだまだ先のようです | トップページ | なんだかなぁ »