« 2009年8月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009.11.29

浅枝さんへ

なんだかな~。

●http://twitter.com/asaeda/status/6044473110 via Twitter
@tomikura 現在出張中なので、 帰国後自分の本を記憶のアーカイブがわりに一度読み直してみようかと思います。ただ、チャレンジする人、 リスクを取る人を小馬鹿にするのは印象良くないと思いますよ。まぁそれもリスクと解釈できますが。

前の記事 (http://tomikura.cocolog-nifty.com/main/2009/11/twitter-0507.html) で、僕は小馬鹿になんかしていません。むしろ、大馬鹿者だと言ったつもりです。

僕が指摘したのは、 以下のつもりです。それを理解されなかったとしたら、僕の文章力のなさなので、その点はお詫びします。

  1. 自分でコントロールできないプラットフォームを他人に勧めたのは何故?
  2. そのプラットフォームがニッチモサッチもな状態になったときにどう責任を果たされたの?

僕は新しい技術やサービスを提供しようとした人を馬鹿にすることは絶対にありません。 まさにチャレンジです。結果として失敗したとしても、その結果に対する(商業的な)責任は別として、 試み自体は正当に評価されるべきだと思います。ですから、「セカンドライフ」という場を作ったLinden Labについて、 どうこういうつもりはありません。また、 新しい技術やサービスによって提供されたプラットフォーム上で身銭を切って頑張った人も馬鹿にはしません。行けると思ったからこそ、 自社の命運を託した。その判断が正しかったかどうか、商業的な責任は結果として引き受けられているわけです。

ゲーム業界の例で言います。

ハードメーカー。 「これで行ける!」と判断して、開発・生産をして、市場に出した。市場(ユーザー)が「No」を突きつけたとしても、 自己責任は果たしているわけで、「やることはやった!」と胸を張っていいと思います(あぁ、無論、セガの二の舞になりたくないのなら、 なぜダメだったのかは反省すべきだとは思いますけれど)。

ソフトメーカー。 「このプラットフォームなら行ける!」と判断して、対象となるプラットフォーム向けのソフトを開発・生産して、市場に出した。 ソフト自体は市場から「Yes!」だったけれど、プラットフォーム自体が「No!」だった場合、とは言いつつ、 これはこれで自己責任を果たしているわけで、「やることはやった!」と胸を張っていいと思います。無論、「提供先のハードを間違えたね」 との批判は甘んじて受けるべきかと思いますが、他方で「技術的にこのハードでしか実現できない!」のなら、なるほど、なるほどと思います。

でもね。

「どりきゃす、 最高っすよ!」とソフトメーカをたきつけた(自称)コンサルな人々、僕は

地獄に堕ちろ!

と思います。

くどいですが、 Dreamcastを開発したセガを悪く言うつもりはない。そして、Dreamcast向けにソフトを提供して、結果、 大赤字になったソフトメーカーの経営者を悪く言うつもりもありません。経営者として「行ける!」と思ったからこその判断で、 結果としての責任は、それぞれがそれぞれの方法で責任を果たされています。ましてや、実際の物作りをされた開発者の方々について、 「馬鹿じゃないの?」なんて言葉を浴びせかける方が、僕は馬鹿だと思います。

でもね。

「どりきゃす、 最高っすよ!」と言っていたコンサルな人々、ドリキャスが転けようが、転けまいが、お金もらってましたよね。で、転けた後、 もらった先にお金返しましたか?

以上が前置き。

さてだ。

なんか「チャレンジする人、リスクを取る人を小馬鹿にするのは印象良くないと思いますよ」 とか言っている浅枝さん。リスク取ったの? セカンドライフを提案したとき、現状、 こうなるって予測した上での提案だったの? 2009年の現状を見通した上での価格設定だったの? 提案したときは、「これから、 どんどんセカンドライフですよ。うはうはですよ。先行投資ですよ!」な見積もりではなく?

●http://twitter.com/asaeda/status/6044376607
@tomikura セカンドライフブーム時はメディアに掲載されるという点で、広告宣伝の場として実際に成立しています。それ以後の利用に関しては、 別の価値を提供するか、役目を終えて終了させることを提案しています。 セカンドライフ=広告宣伝のイメージがメディアの犯した間違いです。

うわー! ねーねー。浅枝さんが提案した先のクライアントさんに対して、 こんなことを言って忸怩たる思いしないの? それとも、本当に上記に書かれたとおり、

「おれ、悪くね。こーなっとのも、メディアが悪いんだよ!」

と本気でおっしゃってる? それなのに、ご本人はそんなメディアで1冊書かれているわけですよね? なに、 それ?

繰り返しますが、セカンドライフを提供した中の人、そこに身銭切って出店した人、そして当然のことながら、 セカンドライフにアバター作った人を馬鹿にする気はまったくありません。それぞれ自己責任で「おもしろい!」 と思ったものにチャレンジされたのだと思います。でもね。

浅枝さん(と言うか、あなたの会社か)。お金出したの?  セカンドライフに可能性を見いだした人からお金をもらっていたのではないの?

あのね、違うんだ。

新しい者にチャレンジする!

これは大切。僕はそんな人に喝采を送ります。

でもね。

あなたのやったことって、結局の所、

人柱、 見つけてきましたよ

なのでは? そして、そんな人柱に対しては「いける、いける。ダイジョブ、ダイジョブ」で、 人柱が撃沈してものうのうと生きていて、その上で

●http://twitter.com/asaeda/status/6044376607
@tomikura セカンドライフブーム時はメディアに掲載されるという点で、広告宣伝の場として実際に成立しています。それ以後の利用に関しては、 別の価値を提供するか、役目を終えて終了させることを提案しています。 セカンドライフ=広告宣伝のイメージがメディアの犯した間違いです。

こんなこと言い出すわけで、人柱になった当時のクライアント窓口の方々に面と向かって、 シラフで相対できます? できてしまうんですよね、きっと。そういう厚顔無恥なんですよね。

あなたは、なんらリスクを負ってないですよね? 自腹切ってないもん。 セカンドライフを提案した先からお金もらってウマーでしょ? え? コスト割れだった? それはあなたの見積もりの悪さでしょ?  セカンドライフとは全然関係なく、あなたの「経営者」としての資質を問われるだけなのでは?

●http://twitter.com/asaeda/status/6044473110 via Twitter
@tomikura 現在出張中なので、 帰国後自分の本を記憶のアーカイブがわりに一度読み直してみようかと思います。ただ、チャレンジする人、 リスクを取る人を小馬鹿にするのは印象良くないと思いますよ。まぁそれもリスクと解釈できますが。

チャレンジした人を馬鹿にしているのは、どっち? 少なくとも、あなたはチャレンジしてないし、 リスクとってません。どんなチャレンジをして、どんなリスクを取ったのか、ご説明願えると幸いです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009.11.24

Twitter終了のお知らせ(続き)

ぼそっと、Twitter 終了のお知らせを書くための備忘録をTwitterでつぶやいてみたところ、セカンドライフな浅枝氏から返事。

http://twitter.com/asaeda/status/5941006166 via Twitter
正直、 ジャーナリストと経営者は分けて考えてもらいたい RT @tomikura とりあえず、 口八丁によってお金をくださった人々に彼らが、どう責任取ったのか、生暖かい感じで見守る *Tw*

いや、 ジャーナリストと経営者を分けて考えたら、さらに辛辣なことになりますよ。

SEOとかSEMを事業として行っている会社を僕は、あまりいい感情で接していません。

SEO対策、 SEM対策そのものは必要なことだと思っています。例えば自社のホームページ、 あるいは自社のネット上でのサービスをより広く多くの人に知ってもらうために、Googleロボットの性格、 あるいはAdwordsの諸々の手法、Yahoo!の動向、その他口コミ系の諸々への配慮、それらを考えることは重要だと思います。また、 サイトを開設しているからと言って、このご時世、 サイト開設者がインターネットのその種の動向に日夜研鑽を積むというわけにもいかないでしょう。例えば、本業はラーメン屋さんで、 店のサイトを立ち上げてみました~な場合、SEO対策に時間を取ってもらうよりは、本来のラーメンの味作りに時間を割いてもらいたい。で、 専門のSEO・SEM業者登場となるのは自然な流れだと思います。

でもね。

SEO・ SEM事業者を典型に、よそさまのインターネットサービスに乗っかった広告宣伝コンサルって、どうなのよ? と思わざるを得ません。

例えば、SEO・ SEM事業者。今、Google万歳ですが、Googleを越える検索サイトが登場した場合、どうするの?  Google越えられるような検索サイトはない? いやいや。つい数年前はYahoo!一辺倒でしたよね。と言うか、日本人なら、 まだ登場してないけど国産検索エンジン(情報大航海プロジェクト)についててこ入れしなくてよいの?

「Twitter 終了のお知らせ」と元記事では書きましたが、レスポンスくださったのは、セカンドライフの人。それを前提で言えば。

セカンドライフ、 僕は画期的な試みだと思います。僕はすでに中年。すぐに思いついたのがハビタットで、「うひゃ~、いよいよか!」と心ざわめきました。 本当にチャレンジングな試みだと思います。

しかしそれでもなお。

もし、今日、 「セカンドライフでプロモーションを打ちたい!」なんて提案が僕のところに来たら、「えーっと、えーっと、えーっと」 と3回くらいつぶやいて、それでもって、他のプロモーション提案よりもより精密に提案者の意見を聞いて、 それでもって提案者がコンサルに騙されてるのでは? と少しでも感じると、却下な気持ちになります。

さて。

僕のセカンドライフに対する現在の心証は上記の感じです。そして、 おそらく普通の企業経営者なら上記のような心証だと思います。

で、「経営者」 な浅枝さんにお伺いしたいのは、このリスクをクライアントにどのように伝えていたのか。浅枝さんにとって、 セカンドライフはご自身でコントロールできないサービス(商品)です。それをクライアントに勧めるにあたって、 どのような説明をなされていたのか。確かに、 浅枝さんの会社はセカンドライフの中では集客する術をお持ちだっのかもしれません。でも、外部からの、 つまり、セカンドライフの外から集客するために何をされたのでしょう。

浅枝さんに対して酷なのは、「これこれ、こんなことしました!」といくら浅枝さんがおっしゃっても、 「はいはい。で、現状は?」で終了してしまうことです。そして、まさにこれが浅枝さん(の会社) がコントロールできないサービスを売っていたことへの責任をどう取ったのかと問うている理由です。これ、 街の電気屋さんが売っていた石油ファンヒーターが「実は不良品でした!」とは全然違う質の責任が浅枝さん(の会社) には発生していると思うのですが、いかがでしょうか。

SEOやSEM、 Mixiやその他あれこれ。他者の提供しているプラットフォームを使って、さもしたり顔で「これからは●●ですぜ、社長!」と言うのは、 悲しくありませんか? と言うか、その「●●」がうまく行かなかったとき(うまくいくかどうか、ご本人ではなんら手出しできないわけで)、 その後、ホント、それに乗っかったクライアント(より直接的に言えば、その時の営業窓口)への責任をどう取っておられるの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.21

Twitter終了のお知らせ

ここに来て、なんか日本の本屋さんのコンピュータ関連の場所に、Twitterを扱った本がずら~っと並ぶようになりました。 感慨深いものがあります。この道はいつか来た道的な。

僕法則として、IT関連のサービスに対して、

(1) Hack本が出版される
→これから伸びる分野

(2) 導入方法や操作方法を解説する本が出版される
→今伸びてる分野

(3) マーケティングに関する本が出版される
→終了のお知らせ

こんな感じで見ることにしています。

実際、「社長、これからはセカンドライフですよ! もう、これやってないとダメっすよ!」とか言っていたコンサルな人たちは、 今どうされているのでしょうね~。

過去を振り返ってみると、「ホームページを開設して集客!」という本が出てきた頃には、実際のインターネットの世界では 「ブログって面白くね?」で、「ブログで集客!」という本が出てきた頃には、「Mixi、ちょーやばいよね!」で、「Mixiで云々」 な本が出てきた頃には、「もうちょっとゆるいつながりがいいよね~。Twitterとか?」。

それでもって、「Twitterで!」という本が出てきたわけです。イヒw

もう少し真面目に書くと、出版を含めたマスメディアの中の人が「おっ! このサービス使えば一儲けできるかも!?」と思ったときには、 もうすでにそのサービスで儲けている人が実際にいるわけです。言い換えれば、この時点ですでに後発組です。そして彼らが、 その儲け方を教えることによって一儲けを企みだしたときには、もはやそのサービス自体ではパイがないからこそなわけです。だって、 よほど奇特な人じゃない限り、儲かる方法を見ず知らずの誰かさんに教えます?

IT分野にかかわらず、僕がビジネス本を買わない理由は、こんな感じです。詐欺とは言わないまでも、 あこぎな方法でお金儲けしようと思うようなヤカラに貢ぐ義理はないわけで。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.09

素敵なソフトバンクw

犬のお父さんなソフトバンクですが、なんか今日、素敵なメールが届きましたよw

表題:ソフトバンクからのお知らせ
本文
※本メールの受信料は無料です。
お父さんくじ
人気のお父さんグッズや貯めて嬉しいポイントなど
お宝グッズをプレゼント
はずれなし

くじをひく
↑ココをクリック↑
木曜日23:59まで有効


へ~。そ~なんだ~と思ってクリックしようとされた方、ちょっとお待ちください。
すぐその下にこんなこと書いてあります。

「ご利用いただいた方には、週1回『お父さんくじメール』を配信させていただきます。(メール受信料 有料)」


うひ~!

あえて、あこぎとか、ワンクリとかは言わないですw

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年12月 »