« ここ最近のMixiあぷりについて | トップページ | Twitterって面白い? »

2010.04.29

この道はいつか来た道

先日、あさりよしとおの毒入り 錠剤篇を読み終えました。

彼がアニメ界の状況を嘆く中で、こんなことを書いていました。

ダンピングがなされている。だから、制作会社はより安い労働力の源としてアニメ専門学校に仕事を任せる。結果として、質の低い作品がぞろぞろ出てくる。

あさりよしとおが指摘しているのは、この構造が「誰にとっても非がない」 しかし、それによって、業界としてはデフレスパイラルに陥っていく。そして「非がない」からこそ、この負の連鎖を止めることができないことです。

どういうことかというと、仕事を任された専門学校。「実地の教育ができる」 学生にとっても「自分の作品がテレビで放送されている」 そして企業にとってはカツカツの予算の中で「とにもかくにも大赤字にならずにすむ」 誰にとっても悪い話ではありません。

専門学校にしてみれば、机上の空論ではなく、今現在商品として成立する作品の創作方法を教えられるのは我が校と宣伝できますし、学生にとっては(これは何か物作りをしたことがある人なら感覚、分かってもらえると思いますが)、たとえ一部であっても自分が関与したものが、テレビで流れている。これほど嬉しいことはありません。

一般論として、仕事の役に立つかどうかではなくて、まさに「仕事をさせる」ことによって生徒の能力を高めることは誰しも首肯されることでしょう(OJTを否定する人がいないように)。

さて。

この手法はゲーム業界でも全く同じ枠組みで再現されました。

さて。

ブログとかTwitterとか、どうも同じ枠組みで再現される方向にあるようです。

どういうことか分からない方、最近、グーグル先生(あるいはヤホー)におたずねして、なんだか似たようなサイトがざら~っと出てきませんか? Wikipediaのコピペじゃん! みたいな。

「インターネットはからっぽの洞窟」

かつてこれに僕は違和感を感じていました。今でも違和感を感じています。でも、からっぽの洞窟になりつつあるのかもとも思うようになってきました。えるえふえむ?

いや、ホント、普通に感じたこと、考えたことを書いて欲しい。たとえそれが、「うちの子供、可愛いでしょ!」でも、「うちの猫、すごくやんちゃ!」でも、「うちのワンちゃん、ちょーお利口」といったことでも構いません。多くの人にとって取るに足りないことでいいんです。チラシの裏で充分。そうした「どーでもいいこと」の発信と蓄積がインターネットの可能性だと僕は思っています(この辺は、歴史学の一派であるアナール学派の方なら同意してもらえるのではないかと思うのですが)。普通の人の普通の日常が記録されていく。残されていく。これは本当にすごいことです。

何がすごいのか分からないとおっしゃる方。例えば、松尾芭蕉の俳句ならそらんじられるものもあるでしょう。古池や蛙飛び込む水の音。でも、同時代の熊さん(職業:大工)が、どんな俳句詠んだか、ご存じ? 知らなくて当然です。僕も知りません。そして、2010年の現在、熊さんが酔っぱらって月を見たときに詠んだ俳句を知る術はなにもないのです。だって、残されていないのだから。

インターネットとそれを支える記録媒体の発展。多分、いろんなものをそのまま残すのではないかと思います。

いや、僕が死んだら、僕のサイトは閉鎖されますし、死ぬまでもなく、Nifty退会したら、僕のサイトはその時点で消滅です……とかつては思っていましたが、国会図書館のアーカイブとやらに、少なくとも「古典落語ネタ帳」は残るようです。

これは、特定の特別なサイトだけではなく、方向性としては、全てのサイトを残す方向に動いていくのではないかと僕は思います。だって、僕の「古典落語ネタ帳」を残して、別の誰かのサイトを残さないのは何故? と「残す・残さない」の基準はすごく曖昧です。曖昧である以上、人間って「残す」方向に動きがちです。だって、ほら、押し入れの中に使えるかどうか分からない紙袋とか、段ボールとか、包み紙とかとってあるでしょ? いやまぁ、昨今流行りの事業仕分け人なら、

「そんな誰が書いたか分からないもの、残す価値なし!」

と一刀両断に切り捨てられるかもしれませんが……。

閑話休題。

「どーでもいいこと」が記録されていく。だから、Wikipediaのコピペみたいな「どーでもいいサイト」だって記録されていっても問題ないのでは? それはそうなんです。そうなんですけど……。でも、なんか違うよね~。発信したいことがあるから発信するであって、注目集まってるから発信するじゃないですよね? ましてや、その発信内容が自分のオリジナルじゃなくて、どこかのコピペって……。

厄介なのは、LFM関与なのか、そうじゃないのか。現状僕には判断つかないところなわけで。そして、それがどうも素敵企業に利用されているようで……。

あー、でも、これほど賢いビジネスはないか。

クライアントからお金もらう。そこから成果報酬としてライターにお金を支払う。ライターは自分の書いた物を宣伝するために自ら宣伝広告をうつ。媒体としては理想的かも。媒体提供者(あるいは広告代理店)として、こんないい話はないか。

テレビを始め、既存マスメディアがCM枠確保するために、どうやって番組(ないし媒体)を宣伝するかで四苦八苦というか、むしろ最近のテレビで言えば、CMに回せばいいはずの枠を自社番組の宣伝に回さざるを得ない(結果、本来のCMクライアントの露出は減る)、番組宣伝枠を確保するための番組を作り、番組宣伝枠を確保するための番組を宣伝する枠を取るなんて、泥沼なことになっている現状。番組作ってる人に身銭切らせて宣伝させる手法って、ホント、いいんじゃない? Twitterで炎上しちゃったけど。

でもね、これ。

小劇団の団員に、自分が出演する公演のチケットを買わせて、それを売っ払ってきた分が、お前の駄賃だってのと一緒ですぜ? 上場会社のやるこっちゃない。

|

« ここ最近のMixiあぷりについて | トップページ | Twitterって面白い? »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33724/48211668

この記事へのトラックバック一覧です: この道はいつか来た道:

« ここ最近のMixiあぷりについて | トップページ | Twitterって面白い? »