グルメ・クッキング

2008.06.12

ニラレバ? レバニラ?

言葉には本来の意味、使い方がある。

 同時に。

 言葉は他者に伝わらなければ意味がない。本来の意味や使い方とは異なっていたとしても、コミュニケーションが取れる以上、それは 「正しい言葉」。その意味で言葉は変化するものである。

 たとえば。

 マクドナルドのことを関西では「マクド」と略します。関東では「マック」と略します。「マック」じゃ Apple のあの製品と混同するじゃん!と関西出身者としては思うものの、郷には入れば郷に従え。「マック」と言われても、 目くじらを立てることはなくなりました。相変わらず、僕自身は「マクド」と言ってしまうのですけれど。

 それはともかくとしまして。

 本日、お昼ご飯にレバーとニラを炒めたものを食べました。正確には、レバーとニラとモヤシをどっちゃりと炒めたものです。 僕の好きなお店のひとつで、量も多く、味付けも胡椒でごまかさないところがお気に入りのポイントです。

 そんなことは、この際どうでもいいのです。

レバーとニラを炒めたもののことを皆様はなんと呼ばれるでしょうか?

 僕自身は「レバニラ」派です。だって、やっぱりレバーが主役っしょというのが理由です。

 しかし、一方で「ニラレバ」派も存在するようです。知人曰く、「ん~特に理由はないよ。強いて言えば語感かなぁ~」とのこと。 なんじゃ、そりゃ。

 気になったので、ちょっと調べてみました。

 「レバニラ」、「ニラレバ」、どうもどっちが主流というわけでもなさそうです。それでもって、地域差というのもなさそうです。 どうやらバカボンのパパが好物として

「レバニラなのだ~」

とおっしゃっているようなのですが、なにしろバカボンのパパです。西から昇ったお日様が、東へ沈むな人です。 あえて本来の使い方と逆を言っている可能性もあります。むーむーむー。

 皆さんは、どちらでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.04

Book:遠藤哲夫『汁かけめし快食學』

カバー 遠藤哲夫『汁かけめし快食學』(筑摩書房)を購入。

 汁かけめしということで、猫まんまからカレーライスまで、僕のような人間にとっては、おいしそうな食べ物のオンパレードです。

 ただ、作り方というよりは、蘊蓄中心なので、実用的ではないかもしれません。もっとも、汁かけめしって、 好きなものぶっかけて食べてればいいわけですから、実用もなにもないという説もありますけれど(^^; 

Amazon.co.jpの紹介ページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.14

ガンダムショットバー ZION

 なんでも仙台に「ガンダムショットバー ZION」というのがあるのだそうです。

●紹介ページ
 http://www.geocities.jp/riped_sin/gundam_shotbar_zion.html

 いやまぁ、僕はガンダムって言っても、初代くらいしかよく分からないのですけれど(^^; あんど、お酒もそれほど強くなく (^^;

 とはいうものの、近くに寄ったときには、ちょっと寄ってみたいような。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.01

吉野家牛丼一時復活

 2月11日に吉野家で牛丼が復活するのだそうです。

 でも、行列になるんだろうな~。行列に並んでまで食べたいとは思わないわけで……。

>> 朝日新聞 - 吉野家、1日限りの牛丼復活

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.01.28

讃岐うどん さか田

 東京に出てきて7年(今年で8年目)。一人暮らし。なんでも食べる方。こうなると、ついつい普段の食事としては、

コンビニ弁当万歳!

とか

吉野家最高!

とか言っているわけですが、それでもたまにはおいしいものを食べたいなと思い立つことがあるわけです。

 ところで、関西出身者が東京に出てくると、

食事とか、困るでしょ?

と言われること多いのですが、あにはからず意外とすんなりと東京の味にも慣れてしまっています。慣れるどころか、最初から

うわ、おいし!

とか言っていたりします。

 とは言うものの、1点困るのは、

そば屋さんはあるのに、うどん屋さんがない……orz

ことだったりします。やっぱり、ソバよりうどんっしょ。違う?

 ともあれ。

 前置きが長くなりましたが、先日、仕事で銀座方面に行く機会があり、東京で本格的な讃岐うどんを食べさせてくれる「さか田」に行ってきました。

 感想。

うま!

 生醤油の冷やを注文したのですが、きちんと腰があり、大変おいしかったです!

 東京ローカルな話で申し訳ないですが、お近くにお立ち寄りの際はぜひぜひ足をお運びください。

>> AllAboutの紹介

| | コメント (0) | トラックバック (1)