ニュース

2008.11.04

田母神氏は国賊だと思う

 言論の自由云々の前に、まずマズイのは

軍人が政治の足を引っ張ってどうする!

ってことです。教訓が活かされてないって感じで、何だかなぁと。

 それでもって、「あの戦争は間違いではなかった!」と主張する根拠が 「だって陰謀に引っかかったんだもん」というのが情けない。それってさぁ、

当時の日本人はお人好しの馬鹿ばっかりでした~

と自ら告白しているものだということに、なぜ気がつかないのか不思議でなりません。

 個人レベルでいえば、なるほど確かに詐欺に引っかかった人よりも、詐欺で引っかけた方が圧倒的に悪い。でもね、 権謀術策渦巻く政治の世界で、

ごめ~ん、陰謀見抜けなかったっす

とかいうのは指導者としての器じゃなかったこと、そして国家組織としては完全に後進国だと言っているようなものです。

 しかも、こういうことを言い出す人に限って、「昔の日本(日本人)はよかった」 とか言ってるわけです。はーはー。お人好しの日本人に戻れと。それでもってまた陰謀に引っかかって、手痛い目に遭えと。 そういうことをおっしゃってるわけですか。なんだかな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.03

【マスコミ】昨日のバンキシャが不快だった件

 昨日(11月2日)、日本テレビの真相報道バンキシャ という報道番組を見ていて、不快なものを感じました。一晩寝ても、依然として不快さが残っているので書いてみます。

 結婚式を挙げるのが嫌で、式場に放火した事件に関する特集が組まれていました。事件のあらましとしては、

  • どうしても結婚できない理由があるので、火事になれば式をキャンセルできると思い放火した。
  • 結婚できない理由は、犯人が妻帯者だから。
  • 妻とも別れたくないし、かといって婚約者とも別れたくないという身勝手な動機。
  • 婚約者は、犯人が離婚していると思っていた。既婚者であることは式の2時間前に初めて知った。

 こんな感じです。

 個人的な感想としては、犯人に同情する気が何も起きません。同時に、犯人に怒りの気持ちも起きません。一方、婚約者の方には、 少しばかり同情の気持ちがわきますが、それでもまぁ、なんだ。男運がなかったねと言えるくらいです。全体的にトホホな感じで、 なんとも馬鹿な事件としか言いようがありません。とりあえず怪我した人とかいなくてよかったねと言ったところです。

 さて、この事件について、婚約者への独占インタビューができたからと言って、特集を組んでまで放送する意味は、 どこにあるのでしょうか?

  1. 世の中の男性は、二股をかける人が多い。相手の両親に挨拶したからと言っても、それで安心してはいけない。 本当の両親ではない可能性があるのだから、結婚を考えている女性の皆さんは、慎重に考えて決断しなさい、というメッセージを送るため。
  2. 不倫相手に結婚を持ちかけたら、にっちもさっちもいかなくなるので、不倫する場合は「結婚」の二文字を出してはいけない、 というメッセージを送るため。

 無理無理考えてみたのですが、僕の空っぽな脳みそでは、以上をひねり出すので精一杯です。いや、はっきり言えば、

  • 社会を震撼させるような事件ではない
  • 模倣犯が多発するような事件でもない

 つまり、関係者を除いて、多くの人たちにとっては、どーでもいい事件のはずです。それをことさら特集まで組んで、 犯人の人格全てを否定するようなコメント(当日のコメンテーターは、ワタミの社長と元地検の河上氏)を言わせたのは、

相手が反論できないのをいいことに、さらにつるし上げて、鬱憤を晴らしているだけ

なのではないかと思ってしまいます。これ、メディアの暴力の典型的な例だと思います。

 くどいですが、繰り返します。この事件、

  • 二股をかけた男がいた
  • 嘘に嘘を重ねていたら、結婚することになってしまった
  • 困ったので放火した
  • 結果、ボヤでおさまった

以上でも以下でもなく、本当にどーでもいい事件のはずです。それを特集を組んでまで放送したのには、きっと「社会的病理の典型」 であったり、「人類共通の業の深さ」であったり、つまり、

我々も常にこの事件の加害者、被害者の立場におかれる可能性がある!

と番組担当者が考えたからだと信じたいのですが……。でも、やっぱり、それはないよね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.01

変な人たち

●「被害女性より部員の気持ち優先か」会見場怒号…桐生一監督交代もなし via.スポーツ報知
http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/hs/news/20080801-OHT1T00050.htm

 またまたなんだかなぁ~なニュース。

マスコミの中の人って、ごろつきとお局様しかいないのか?

とか思ってしまう。

 もちろん、被害者とその関係者にしてみれば、桐生一高の活躍なんてみたくもないという気持ちになるのも分かります。

 ひとまずそれは横に置いといて。

「甲子園を辞退しろ!」

と正義感面して追求するマスコミの人って一体……。

 監督や学校責任者は管理責任や指導責任の点から何らかのペナルティがあってしかるべきでしょう。でも、選手にペナルティを科すのは、 どうなのかと思います。犯行を見て見ぬふりをしていたというのならともかく。

 この記者会見で質問している記者の方々に聞いてみたいのですが、御社の社員が性犯罪で逮捕されたとき、 休刊とか放送を取りやめるなんてことをされましたか? 成人は自己責任。プライベートな部分まで責任を負いません。 それなら責任能力が未発達な未成年に対して、他人の責任まで負わせようというのは、なにかおかしくありませんか?

 社会の木鐸のようなマスコミの人もいる。そう思いつつ、叩くところを間違えているんじゃないかと思う今日この頃。剣呑。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.29

さすがにこれはひどい

 一部で話題になっている例の新聞社ですが……。

新聞社「日本人女性の55%は、出会ったその日に男と寝る」
一般人「では御社の女性社員の55%は、出会ったその日に男と寝るのですね」
新聞社「名誉毀損です。訴えます」

 えっ!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.07

[SPAM?] 春の交通安全運動

 こんなメールが届きました。ちなみに、Popfilter ではスパム扱いされてしまっています。

表題:春の全国交通安全運動
送信者:NPO法人飲酒防止対策振興会
初春の候、益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
大変お忙しいところ突然のメールで失礼します。
NPO法人飲酒運転防止対策振興会(http://ddca.jp/) では、飲酒運転撲滅のための『飲酒運転ゼロ宣言』(http://ddca.jp/zero.php) をする宣言者と協力者を募集しています。
このメールは、そちら様のホームページを拝見して、送らせて頂きました。

飲酒運転をなくすための対策として罰則強化が図られましたが、罰則強化だけでは限界があります。 全てのドライバーが自らの自覚に基づいて宣言者になれば、飲酒運転を撲滅出来ます。『飲酒運転ゼロ宣言』は、 少しでも安心して暮らせる社会を実現する運動です。

多くの企業や団体、個人の方々に『飲酒運転ゼロ宣言』をお願いしています。
その上ぜひ、社会全体への意識啓発の一貫として、多数のホームページに当会バナーを掲載して頂きたくご依頼しております。
『飲酒運転から子どもの命を守る』ために、是非とも貴ホームページにも御記載して頂き、皆様にも同時に『飲酒運転ゼロ宣言』 をお願い申し上げます。


NPO法人飲酒運転防止対策振興会
〒515-1412 三重県松阪市飯南町向粥見166ー1
Fax: 0598-32-8701 E-mail: info@ddca.jp
HP: http://ddca.jp/
尚、お電話でのお問い合わせが同時多数になり、対応しきれなくなる為に誠に申し訳ありませんが、お問い合わせやご連絡につきましては、 メール及びFAXで頂きますのでよろしくご了承下さい。

【HP添付用タグ】
<a href="http://ddca.jp/zero/"><img src="http://ddca.jp/imgs/z_banner2.gif" alt="飲酒運転ゼロ宣言をしてください" border="0"></a>

 Popfilter でスパム扱いされた理由は、おそらく送信者の設定でメールアドレスが設定されていないことだろうと思います。 なぜあえてこの飲酒運転防止対策振興会の事務局が送信者のメールアドレスを設定していないのか、理由は定かではないのですが……。

 ともあれ。

 サイトをご覧いただければ分かるとおり、活動の趣旨そのものは誰にも批判できないような立派なものです。これを否定しようとすると、 飲酒運転賛成なのかと詰問されかねない感じですから。

 しかし。

 このキャンペーンでメールアドレスと氏名を登録させようとしているにもかかわらず、 キャンペーン開始から半年が経とうとしている現在においても、この団体は個人情報の取り扱いについて沈黙を保ったままです。 大丈夫なんですか?

 少なくとも僕は、僕のサイトを楽しみにして来てくださってくれている方々に、余計なリスクを負わせるのは本意ではないので、 このキャンペーンへの参加は辞退させていただきます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.09.14

なんだかおかしいなと思うこと:公務員の飲酒運転

 最初に。

 このエントリーを書いているのは、車の免許を持っていない人間が書いていることです。ですから、 飲酒運転で人身事故を起こした加害者側の気持ちや状況は全く想像できていません。

 さて。

 ここしばらく、公務員による飲酒運転の事故が、メディアの話題に上っています。

 個人的には、地方の習慣があるにしても飲酒をして車を運転するのは、どうかと思います。

 とはいうものの、お酒が飲めてようやく一人前の大人とする牧歌的な慣習の中で育った人物がアルコールを軽視するようになること、 同時に地方での生活の足が自分の車であること。そうしたことを無視して素朴に飲酒運転を論じることは、 結局のところ首都中心の論理でしかないのだろうなとも思います。

 でもね。

 さすがにやばいと思ったらしく、当該の記録を全日本自治団体労働組合は削除してしまったようですが、

●困ったときの法律相談所 飲酒運転防止の行きすぎ(2005年7・8月号)
 http://www.jichiro.gr.jp/question/horitsu_sodan/200505_no713.htm (すでに削除されています)

 これは、どう考えても筋違いではないかと思ってしまいます。すでに全日本自治団体労働組合のサイトからは削除されているので、 Googleのアーカイブのリンクを張っておきます。

● 上記のGoogleアーカイブ(これもいつかは消えると思います)
 http://72.14.235.104/search?q=cache:aT63JzI6FUoJ:www.jichiro.gr.jp/question/horitsu_sodan/200505_no713.htm+%E9%A3%B2%E9%85%92+%E5%B0%8F%E5%B7%9D%E6%AD%A3+%E5%85%AC%E5%8B%99%E5%93%A1&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=1

 ここで登場する顧問弁護士の小川正という方の解説を要約すると、

市当局が職員の飲酒運転に対して懲戒処分の程度を厳しくし、懲戒処分した職員の氏名を公表することについて、

  1. あまりに厳しい処分基準は許されない(事故を起こしていない場合の懲戒免職は行き過ぎ)
  2. 飲酒運転による懲戒処分歴を公表することは原則違法

 なるほどね。弁護士の先生は、さすがに頭がよろしいですね。

 でも、どうなんでしょう?  この小川正という人物をどうこう言うわけではないのですが、この説明は、 そもそもの基準を間違っているのではないかと僕は思ってしまいます。

 公務員というのは、国家公務員であれ地方公務員であれ行政官です。 三権分流をとる日本では、行政官というのは法律を執行する人のはずです。法律を執行する人が、 違法行為を行ったのは業務に反するわけで、懲戒免職は行き過ぎなのでしょうか?

 もちろん、 プライベートな時間の行為をパブリックな活動へ影響させるのはおかしいという意見もあるでしょう。僕自身、 公私はきちんとわけるべきで、たとえばスポーツ選手のプライベートなスキャンダル、 特に本業とは全く関係ないようなことで非難するのはおかしいと常々思っています。

 でもね。

 僕の会社で過去に自己破産しちゃったという経歴を持つ人なら、 それに懲りてお金の管理はきちんとやるかもとか思って、経理として雇うかもしれません。でも、 今まさに自己破産への道まっしぐらな人に経理は任せたくないです。それと同じなのでは? 過去に違法行為をした人なら、 それに懲りているかもしれませんが、違法行為をした直後の人に法律を適正に執行する仕事を任せることが本当にできるのでしょうか?

 繰り返しますが、公務員の仕事の本質は、 法の適正な執行にあると僕は信じています。

 公務員だから特別に刑事罰を重くするというのは、おかしいと思います。でも、 法を犯した公務員を懲戒免職するのは、決して行き過ぎではないと思うのですが、どうなのでしょうか?

 とにもかくにも。

 都合が悪い意見があったからと言って、 こっそり消してなかったことにしてしまおうという自治労の体制はどうかと思いますよ。

 ちなみに、件の弁護士先生が出されている本にこんなのがありました。

公務員の交通事故責任- 民事・刑事・失職の実務」(ぎょうせい 2001)

 僕は読んだことありませんし、これから先も読む気全くないですが、 もし読まれた方、感想を教えてください。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006.07.23

今週気になったニュース:やくざさん

 先日、人権違反! とおっしゃったらしいのに引き続き、こんなこともされているのですね~。

山口組がIDカードの携帯を義務づけ via イザ!

 学生時代、名札をつけるのも嫌がっていたかと思うのですが、こういうのはおつけになるのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.07.19

今週気になったニュース:金庫?

 大切に預けたつもりが……というお話。

ニセ夜間金庫設置の男逮捕 via イザ!

 大事なものは、やっぱり自分で持っておくのが安心?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.13

今週気になったニュース:暴力団と人権

 親の罪は子供にはない。いやまぁ、それはよく分かります。とは言いつつ……

暴追ビデオ 「人権侵害」 暴力団「上映中止を」 via asahi.com

 いじめられたら、仕返ししてやれよとか言うのは、ダメですか。ダメですね。反省。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.25

今週気になったニュース:リニアモーターカー

 35歳(独身)。21世紀の一つの光景として、リニアモーターカーが走っているところを想像していた人は、 僕だけではないと信じたいところです。

 とはいうものの、まだまだ先は長そうです……orz

リニアモーターカー実験線、 JR東海が強気の延伸 via asahi.com

 まだ実験線なんですよね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧