« [Web] newsing について | トップページ | [Web] mixi の利用規約改定にみる企業法務の残念なところ »

2008年3月 6日 (木)

[Web] newsing における著作権のクリア方法:ユーザの行為

 引き続き、newsing について。

 newsing のようなニュースまとめサイトを作ろうとした場合、大きなリスクが発生する要因として著作権侵害の問題があります。この点、newsing が具体的にどのようになリスクを抱えているかを知ることは、これから同様のコンセプトのサイト構築を考えている方にとって参考になるのではないかと思います。

●ユーザの行為によって発生するリスク

 newsing は、ユーザ自身がニュースを投稿することから始まります。正確にはユーザはすでにWeb上で公開されている記事のURLを投稿するだけです。この行為そのものは、基本的には著作権上の問題は発生しないと考えられます。なぜならURLの記述については、ネット上での位置情報に過ぎず、住所や建物名と同じく標識と判断され、創作性があるとは言えないと考えられます。

 ただし、対象となるコンテンツの閲覧が会員制など、何らかのアクセス制限を設けているケースで、セキュリティ対策が充分でなく、直接リンクをたどった場合に閲覧できてしまった場合は、著作権法上の問題とは別に、不正アクセス禁止法上の問題が発生する可能性があります。確かにこの場合、セキュリティに不備があった過失があるわけですが、しかし、どのような過失があったにせよ、その過失を突いて侵害行為を行っていいことにはなりません。たとえて言うならば、鍵がかかっていない住居に侵入した場合に、鍵がかかっていなかったから罪にならないということにはならないわけです。この意味で、昔話題になったサーバーノーガード戦法は依然として有効なわけです。むろん、サーバーノーガード戦法によって不正アクセスされ、第三者の権利が侵害された場合の責任を免れるものではありませんが……。

 脱線してしまいました。話を元へ。

 記事を投稿する際に記事のタイトルを記述する必要があるわけですが、この点のリスクについて。

 原則論としてニュースの見出しは「事実の伝達に過ぎない雑報及び時事の報道」に該当して著作物には当たらないと考えられています。ただし、創作性を肯定しうる余地もある(すなわち、著作物に該当する場合もある)というのが裁判所の立場です(ニュースティッカー訴訟)。加えて、newsing では、上記のような意味でのニュースだけとは限りません。ブログの記事タイトルのように、創作性が認められるようなケースもあり得ます。このような見出しを「そのまま掲載する」場合は複製権の侵害を主張されるリスクがあるでしょうし、「改変して掲載する」場合は同一性保持権の侵害を主張されるリスクがあるでしょう。

 これに対する弁論として、一般的に書名(サイト名)や章タイトル(記事ごとのタイトル)は、紹介を目的とする場合には著作権を侵害しないと論じることは可能です。しかしながら、先に挙げたニュースティッカー訴訟の控訴審判決において、知的財産高等裁判所は

「民法の不法行為が成立するためには必ずしも著作権など法律に定められた厳密な意味での権利が侵害された場合に限らず、法的保護に値する利益が違法に侵害がされた場合であれば不法行為が成立するもの」

とし、

「見出しのみでも有料での取引対象とされるなど独立した価値を有するものとして扱われている実情があることなどに照らせば、見出しは、法的保護に値する利益となり得るもの」

と判断されていることから必ずしもリスクを回避しているとは言えないように思えます。

 ユーザが行う第3のアクションとして、取り上げようとしているニュースの要約・意見を記述する部分があります。

 この部分について、運営主体である株式会社マイネット・ジャパンとしては、あくまでも記事の要約としてユーザ自身の著作によるものを想定しているように見受けられます。

 しかしながら、実際には元記事の一部をコピー&ペースとしたものが見受けられます。

 この部分について、newsing 本体はシステム的に最低限の文字数を入力するよう求めており(2008年2月末時点では最低20文字以上)、ユーザとしては必ず入力を求められることになります。

 そこで問題は、仮に元記事の一部をそのまま転載した場合に「引用」として認められるかどうかということになります。

 一般的に「引用」とは、引用された文章が従であり、主として引用者本人の創作物が要求されます。その意味では、「要約・意見」の部分に元記事そのものを転載している場合、著作権を侵害していると訴えられるリスクが残ることになると言わざるを得ないわけです。

 以上の通り、現状の newsing の記事投稿において、一見すると URL のみの投稿であるから著作権上の紛争リスクは発生しないかのように見えますが、詳細を検討すると、上記の通り、完全に著作権侵害として訴訟を提起されるリスクをクリアしているとは言えないのではないかと考えられます。

|

« [Web] newsing について | トップページ | [Web] mixi の利用規約改定にみる企業法務の残念なところ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [Web] newsing における著作権のクリア方法:ユーザの行為:

« [Web] newsing について | トップページ | [Web] mixi の利用規約改定にみる企業法務の残念なところ »