« 2008年7月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年9月

2008年9月25日 (木)

【Tec】 とりあえず言っとけみたいな感じ?

 いや、確かに自国のやっていることにはケチをつけ、欧米のやっていることには礼賛しきりという態度はどうかとは思うものの……。

 それでも、この見解については、首をかしげざるを得ません。

●なぁ、日本が独自のことをするとガラパゴスと呼んで、 アメリカが独自のことをするとグローバルと言うのはやめないか? via VENTURE VIEW
http://v.japan.cnet.com/blog/murakami/2008/09/23/entry_27014834/

 記事を書いた村上福之という人物は、とりあえず池田信夫に噛みつきたいだけじゃないかというのが、正直な感想です。それでもって、 噛みついた村上氏の尾っぽがどこを向いて振っているのかを想像すると、ついついニヤニヤしてしまうわけで。

 とは言うものの、村上氏の意見に全面的に反対という訳ではありません。アメリカのやっていること、やろうとしていること (Google も含めて)が全て正しいとは思いませんし、アメリカのやり方によってすべての人が幸福になれるとも思っていません。

 ただ、そもそも

ガラパゴス化現象とグローバル・スタンダードを対立軸に置いている

 この時点で、村上氏の言っていることが僕には浅薄に思えてしまうのです。

 そもそも、ガラパゴス化とは、特定の環境に最適化した進化(ないし変化)を遂げた結果、 環境に変化があった場合に死滅するリスクが非常に高い状態になっていることを言います。特にポイントとなるのは、最適化した点が、 最適化されていないものよりも機能的に優れていることです。つまり、あるニーズに最適化し、 他の標準的なものよりも優れている存在であるにもかかわらず、環境が変わると途端に劣位になり、最悪、 死滅してしまうということを意味しています。

 さて。

 重要なのは、「環境」の意味する範囲です。

 村上氏は批判している池田氏と同じく、この「環境」を地理的な範囲としかとらえていないという点で、どうにもこうにもな感じです。 ドングリの背比べ。同じ穴の狢。そう言って差し支えないと思います。

 しかし、「環境」は地理的な範囲だけでなく、時間的な範囲も考慮しなければいけないわけです。

 たとえば、恐竜を考えてください。当時、、肉食、装飾問わず、まさにグローバル・スタンダードな状態で地球を闊歩していました。 しかし、その後の環境の変化によって、現在では末裔である(正確に言えば、末裔ではなく分派)ハ虫類類や鳥類を残し、「恐竜」 としては死滅したわけです(ネッシーとかのことは、ひとまず横に置いておいてください)。

 つまり、進化(ないし変化)が特化した状態(言い換えれば異常な状態)なのか、正常な状態なのかが問題になるわけです。

 ビジネス及び技術の分野に関しても、同様のことが言えます。

ある特定の環境下においてのみ通用する変化なのか、それとも文明的に正常な変化なのか

これが問われるべきことです。

 たとえば、マイクロソフトの WindowsOS を例に挙げます。CUI ではなく GUI に。つまり、OS はハードウェアとの入出力に責任を持つだけでなく、ヒューマン・インタフェースにも責任を持つ。 さらにネットワーク上のリソースの入出力にも責任を持つ。このように進化した結果、少なくとも僕の見解では、 にっちもさっちも行かない状態になっているように思えます。ガラパゴス化現象が起こっているとしか言いようがありません。しかし、 2008年9月現在、Windows 系の OS はグローバル・スタンダードです。

 さらにさて。

 村上氏の言う「ケータイ」に関して言えば、アメリカのやっていること、日本のやっていること、どちらが「ガラパゴス」なんでしょ?  携帯だけしか見られない、使えないコンテンツが増えるのと、ケータイとそれ以外の垣根を取り払おうとする試み、 あなたはどちらが好ましいと思いますか?

 先ほど、「池田氏と同じく」と言いましたが、おそらく池田氏は、 この時間軸も視野に入れた上でガラパゴス化を主張されているのだろうなと感じています。ということで、村上さん、ホント、提灯記事、 お疲れ様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月12日 (金)

これはさすがに論理的に勇み足では?

 なんだか、一部で怪しい話になっている Yahoo! の ID 乗っ取り事件の件ですが……。

 比較的冷静に Yahoo! 側の弁護を行ってこられたWeb屋のネタ帳 だったのですが、ちょっと、おかしなことを言い出されているのではないかと個人的に心配しています。

● ここまでの Web屋のネタ帳の関連記事

 気になったのは、「俺は悪くない Yahoo が悪いんだ返金しろ、 とか言う人はこれを読んで胸に手を当ててよく考えてね」の記事です。

 サイトの著者は、この記事の中で次のような議論を展開されています。

 
       
  1. インターネット上の様々な便利なサービスは、ID     とパスワードの両方を知っているか否かでそれが本人かどうかを確認していることがほとんどだ。
  2.    
  3. だから、パスワードを第三者に教えてはいけない。
  4.    
  5. 誰かが簡単に予測できるようなパスワードを使ってもいけない。     1234とかabcdefgとかtaroとかhanakoとか。
  6.    
  7. あなたがYahooに登録したパスワードが仮に「jdf8!94ngio@mqiovudgr」だったとして、
  8.    
  9. ここで質問です。
    あなたは、     楽器屋とかつり道具屋のサイトとかオンラインゲームのサイトとか化粧品屋サイトとか絵本屋のサイトとか、     その他もろもろいろんなWebサイトにおいて、ユーザー登録などをするときに、パスワードとして     「jdf8!94ngio@mqiovudgr」を使いましたか?
  10.  

 この質問に対する答えとして、

 

「もちろん No だ! わたしが jdf8!94ngio@mqiovudgr   というパスワードを使ったのは Yahooにおいてだけだ!」

と答えた人は、Yahoo に文句を言う権利はない。なぜなら、この質問に上記のような回答をすることによって、 自身の Yahoo! の ID を第三者に教えたのだから!

 これが当該記事の展開です。

 ダウトです。

 「jdf8!94ngio@mqiovudgr」が Yahoo! で使っているパスワードと一致しているとします。それに対して、質問者が「他のサイトで jdf8!94ngio@mqiovudgr を使いましたか?」と言ったことに対して、回答者が「No!」 と答えた場合を論理的に考えてください。

 Aのサイトで使用している「jdf8!94ngio@mqiovudgr」というパスワード。 それを知っているのは回答者のみです。

 質問者が「Bのサイトで df8!94ngio@mqiovudgrというパスワードを使っているか?」 と聞いたとしても、質問者は「jdf8!94ngio@mqiovudgr」が A のサイトで使用されているとの情報は少なくともこの質問を行った時点ではえていない。

 従って、回答者がただ「No!」と答えた場合は、質問者は B のサイトのパスワードが 「jdf8!94ngio@mqiovudgr」ではないことの確証は得たとしても、依然として A のサイトが 「jdf8!94ngio@mqiovudgr」なのかどうか不明な状態のままである。

 つまり、

質問者: Bサイトのパスワードは「ABC」ですか。
回答者:違います。
質問者:それでは、Aサイトのパスワードは「ABC」ですね。

という推論は全くのナンセンスです。

 もう少しネチネチいきます。

質問者:Yahoo!のパスワードを 他のサイトでも使いましたか?
回答者:No。Yahoo!のパスワードは Yahoo!だけです。

 ここから回答者のパスワードを「jdf8!94ngio@mqiovudgr」だと推測できる人がいれば、 それは悪魔です。

 問題なのは、

「jdf8!94ngio@mqiovudgr というパスワードを使ったのは Yahooにおいてだけだ!

という余分な情報を言わせていることです。

 当該記事に関して言えば、 サイトの著者の結論を導き出すための我田引水と評されても仕方がないのではないかというのが個人的な感想です。 論理の飛躍というレベル以前に、そもそも結論を導き出したいがためにシミュレーション結果に手心を加えている。そんな感じです。

 個人的には、 Web屋のネタ帳の管理人さんに近い意見を持っているのですが、だからこそ、 僕でも気がついてしまう初歩的な過ちというのは、いろいろと反撃の機会を与えてしまうのではないかと危惧しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 3日 (水)

福田首相辞任に関して

 最初に表明しておきます。

 僕自身は、福田元首相にそれほど悪い感情を持っていません。少なくとも、「美しい国」とか言っていた人よりは、現実的で、 ややシニカルなものの見方をされている方、どちらかといえば好意的な印象を持っています。

 さて。

 福田元首相が首相時代にやったこと、やらなかったこと、できなかったこと、それは冷静に批評すべきだと思います。 福田元首相が行ったことによって、どのようなことが発生したのか、やらなかったことによって今何が起きているのか、 できなかったことについて何故できなかったのか、それぞれ冷静に分析し、できることであれば次の首相によって、 よりよい方向に政策を実行してもらいたいと思います。

 それでだ。

 今日現在、福田首相がこの時期に辞任を表明したことについて、「無責任だ!」とおっしゃっている方に是非お聞きしたい。それなら、 あなたはいつ福田首相は辞めるべきだと考えているのですか? そして、その意見が適正なものかどうか、 きちんと批評に耐えて欲しい。そんな風に思います。

 いや、本当に福田首相はいつ辞めるべきだったのか、僕も知りたいのです。僕自身の考えを言えば、 この時期の辞任の表明はベストではないにせよ、ベターだと思っていますl。万策尽きた、そんな感じなのだろうなと。そして、万策尽きた以上、 それ以上にいい案を持たれている方に政権を譲るべきだと判断されたとすれば、それはそれでリーダーとして正しい引き際だと思います。 少なくとも「美しい国」とか言っていた人のように、一国の首相が精神的破綻者だったと表明する羽目になる最悪の事態だけは避けたのですから。

 繰り返しますが、無責任だとおっしゃっている方々、それならいつ辞めるべきだったのですか?

(1) 社会保険庁の職員がこれまで行ってきたぐーたらな仕事の結果、 3月末でも解決できないことが判明した時点
 社保庁の中の人たちが、これまでまともな仕事をしてこなかった結果、年金がグダグダになってしまって、 その解決が3月末で終えられないと判明したときに辞めるべきだったと主張される人にダウト。えーっと、問題は前任者達ですよね。 民主党の菅氏も含めて。もちろん、歴代の自民党出身者の厚生大臣は責任を負うべきだと思いますが、 それを福田元首相一人の責任にするというのは、僕の感覚から言えば、なしです。

(2) サミット前 ないし サミット後
 これは僕の感覚から言えば、全くもってなしです。サミット前に辞めたとすれば、 なーんにも分かってない首相をサミット議長にすることが日本としていいことですか? あるいはサミット直後に辞めたとすれば、 議長国自身がサミットの結果を尊重しない可能性があると言っているわけで、それはありですか? 僕の感覚から言えば、なしです。

(3) 内閣改造をする前に
 内閣改造をして、押しつけられたメンバーではなく、自身で選んだメンバーで政権運営をする。その表明をしたにもかかわらず、 この時期に辞任するとは何事か。どうせ辞任するなら、内閣を改造する前に辞任すべき! こんな風に主張される人にダウト。 福田元首相とすれば、まさにできることをやった。それでも好転しなかった。だから辞める。これはそれほど無責任なことでしょうか?  できる限りの手を打った。しかしどうすることもできなかった。だからこそ辞める。それは無責任とは真逆の方向だと思うのですが、 いかがでしょうか。

(4) 任期満了後
 これは、あり得ないですよね。福田元首相を支持する人にしても、福田元首相が任期満了まで(少なくとも1期目まで) 続けて欲しいと思っていた人は少ないはずです。「任期途中で放棄!」とか言っている人、 本心で任期満了まで続けて欲しいと思っていたのですか? この辺のダブルスタンダードの方が、僕には気にくわないわけです。

(5) そもそも就任すべきでなかった
 福田元首相は、 そもそも首相の器ではなかった。個人的には官房長官ぐらいが妥当なのかなと思っている人間としては、こういわれるとぐうの音も出ません。 しかし、安倍元首相が、たとえどう取り繕っても、鬱病にかかってしまった、だから辞める、あの状況の中で適任者がいましたか? そして、 あの状況の時に適任者なしとして、本当にそれでよかったのですか? 僕の感覚から言えば、なしです。

 ほんとさ、マスコミの中の人、そして、そんなマスコミの中の人の注文通りの意見を嬉しそうにカメラの前で言っている人、 それならあなたは、いつ福田元首相が辞めるべきだと考えておられるのですか? そして、 あなたの意見に対しての批評を受け止める心づもりはありますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年11月 »